第57話:霧夜の襲撃者

エルピス「せんぱーい、せんぱーい。」
エルピス「……参った、はぐれた。」
ヘスペラ「うぉるる。」
テオ「うう、さっきまで前にいたはずなのに……。トト、おいで。だっこしてあげる。」
トト「きゅきゅう!」
テオ「はぐれるときは一緒よ……。」
トト「きゅっ!?」
ユウ「まぁ、向こうはカプナートとヘキサルトだし、何かあっても大丈夫だろう。」
テオ「喧嘩してるかも……。」
ユウ「だ、大丈夫!非常時にまでそんなことしてないって!」
メルク「みゅ~、実際二人っきりで大丈夫か、ちょっぴり心配なのですよ……。」
テオ「相性、特に最悪って感じだもんね……。」
ユウ「……話してみれば、案外あいそうだったけどな。」
テオ「そうなの?」
メルク「そういえば、カプナートさんとは何のお話をしていたのです?」
ユウ「まぁ、色々とな。」
メルク「気になってたことは、聞けたのです?」
ユウ「なんだ、メルクも気づいてのか。」
メルク「とーぜんなのですよ!」
ユウ「……直接聞けたわけじゃないけど、気になってたことの正体は、なんとなくわかったよ。」
ユウ「今のカプナート、ちょっとだけラーテルに似てるんだ。」
テオ「ラーテル……って誰?」
メルク「ユウさんのライバルなのです!二人は幾度となく拳を交え、そして夕日の川辺で友情を……!」
ユウ「捏造しないでくれ。」
ユウ「……ラーテルは癒術士の力を持ってたけど、領主の息子としての立場もあってさ。生まれつき、背負うものが多いってタイプだった。」
ユウ「今のカプナートは、そのラーテルと少し似てる気がする。境遇だけかもしれないけど……。」
エルピス、テオ「おぉ……。」
ユウ「な、なんだ?」
エルピス「ユウ、よくわかるね。」
テオ「心境博士だ。さすが癒術士。」
トト「きゅうきゅう。」
テオ「トトも褒めてる。」
ユウ「い、いや!たまたま似た境遇の人に、会ったことがあるってだけで……!」
テオ「その経験をしているのがすごいんじゃない!」
ユウ「そ、そうか……?」
テオ「もっちろん!すごいなー、あたしもそうなれるのかなー。」
エルピス「いっしょにがんばろう、テオ。目指せ、心境博士。いいや大博士!」
テオ「大博士!」
ユウ「うーん……妙な感じだ。」
メルク「みゅふふ、いいのではないのですよ?経験は力なり、なのですよ!」
メルク「この旅の出会いも、そうなるといいのです。」
ユウ「……そうだな。」
ユウ「まぁ、その出会いとも、すっかりはぐれたわけなんだが!」
メルク「ぶっちゃけ、おしゃべりしてる場合じゃないのですよ!」
エルピス「待って、先輩と鈴で話してみる。場所がわかるかも……、」
「ピリリリリリ!」
エルピス「うひょ!」
ユウ「な、なんだ、今の!?」
「ついてねぇな、坊主。今のは警吏の連中が使う笛だ。」
ユウ「えっ?」
「悪い人が出てきたから、良い子はおうちに帰りなさいって合図よ。女の子との楽しい夜遊びもここまで、だな。」
「ほら、早く行きな。うろついてると、捕まっちまうぜ。」
ユウ「あ、ありがとうございます。でも俺たち、仲間とはぐれちゃって……、」
メルク「そもそも、道もよくわからないのですよ。」
「へぇ、そりゃ気の毒に。けどこの霧じゃ、失せもの探しは厳しいなぁ。」
「ついてきな。近くにバーがあるから、そこで霧が晴れて、警吏がいなくなるのを待つのが、得策ってやつだぜ。」
ユウ「確かに、土地勘がないのに動くのは危ないか……。すみさせん、それじゃあお言葉に甘えます。」
「おう、困ったときはお互い様ってな。こっちに来な。固まって歩かないとはぐれちまう。」
テオ「親切な人に会えてよかったね、ユウにぃ。」
ユウ「だな。」
ユウ「あ、自己紹介が遅れました。俺、ユウです。助けてうれてありがとうございます。」
「ユウ……?どっかで聞いたな。」
ユウ「えっ、本当ですか?あの、すみません。名前を聞いても……?」
「応ともさ。」
りょうば「俺はりょうばってんだ。聞き覚えはあるかい、坊……、」
りょうば「ず……?」
エルピス「ユウ、知ってる人?」
ユウ「いや、多分初対面だと……、」
りょうば「……大将?」
ユウ「へっ?」
りょうば「オイオイオイオイ、大将じゃねえか!」
ユウ「えっ?えぇっ!?」
りょうば「まさか再会できるとはよぉ!あんたはアレだな、しばらく見ないうちに、随分と縮んじまいやがって!」
りょうば「どうせまた何かに首突っ込んで、呪いか何かを受けちまったんだろ?はははっ、あんたらしいぜ!」
ユウ「あ、あの!ちょっと待ってください!」
りょうば「あぁん?」
ユウ「すみません、おそらく人違いかと……。」
りょうば「何言ってやがんだ!このバンダナに、何より雰囲気がそのまんまじゃねえか!姿が変わったぐらいで俺を欺けると思うなよ!」
ユウ「え、えぇー!?」
メルク「あ、あの本当に人違いだと思うのですよ!ユウさんは順調なプロセスを踏んでこの体格になっているのです!」
ユウ「です!です!」
りょうば「はぁん……?」
りょうば「……言われてみれば、目元が違うか?大将の幼少期だと考えても、貧弱すぎな気も……、」
ユウ「うっ!わ、わかってもらえて嬉しいです……。」
りょうば「ふぅむ……。」
りょうば「まぁ、打ち合ってみればハッキリするわな!」
ユウ「へっ?」
りょうば「せぇい!」
ユウ「うわぁああああ!?」
エルピス「あぶないっ!」
りょうば「っと!邪魔しないでくれよ!俺はこいつが大将かどうか確かめたいだけさ!」
エルピス「でも私が防がなかったら、あなたの武器がユウに当たってた。」
りょうば「オイオイ、武器なんて大げさだな!こっちはなにも刀で斬りかかったわけじゃねえだろ?見ての通り、何の変哲もないただの鞘だ。」
りょうば「それに俺如きの太刀筋、大将なら余裕さ。なぁ、そうだろう?」
ユウ「いやいやいや、無茶言わないでください!」
りょうば「はっはあ!相変わらず奥ゆかしい!そら、どきなぁ!」
エルピス「うっ!とっ……!」
エルピス「えいっ!」
りょうば「おっと、危ねぇ危ねぇ!危ねぇが……、」
りょうば「太刀筋がなってねぇ。素人剣術だ、ヒヒヒヒ。」
エルピス「くっ……。」
りょうば「さっきから言ってるだろ?どけよぉ、お嬢ちゃん。」
りょうば「俺は別にお前さんには興味がねぇんだ。怪我したかぁねえだろ?」
エルピス「うん、したくない。」
エルピス「でも、仲間が傷つくのも同じぐらい嫌だから。」
ユウ「エルピス……。」
りょうば「おぉう、勇ましいね!お前さんがもしかして、大将の嫁かい?」
エルピス「……。」
エルピス「……?」
りょうば「あっ違うね、ごめんね。おじさん、ちょっと早とちりしちゃった。」
エルピス「いいよ、いいよ。私もよくやるし。」
メルク「エルピス!集中なのですよー!」
エルピス「む、そうだった。せいっ!」
りょうば「っと。しかし、そういうことなら、ますますわかんねぇなあ……。」
りょうば「大将、あんたいつから、女の後ろに隠れちまう臆病者になっちまったんだ?あんたならこういう時、真っ先に出てきたはずだぜ。」
ユウ「あ、あの!だから俺は大将って人じゃ……!」
りょうば「そんなに似てて、よく言うぜ!ほら一発でいいから!その瓶が今の得物か?受け止めてみな!」
エルピス「しまった……!」
ユウ「メルク!瓶から絶対でるなよ!」
メルク「ユウさん!?」
りょうば「自分の体を盾に……!はっはぁ!やっぱりあんた、大将だ!」
りょうば「こんな時に、自分の身より他人の安全だもんなぁ!」
テオ「させない……わぁ!」
りょうば「なんだぁ!?」
テオ「トト!」
「きゅきゅー!」
りょうば「むぎゅ!な、なんだぁ、大福か!?どいてな!」
「きゅー!?」
ユウ「テオ!トト!」
エルピス「ヘスペラ、一緒に!」
ヘスペラ「うぉるるるる!」
りょうば「っと、やられた!モンスターの方は警戒してたんだけど……、」
りょうば「なぁ!」
エルピス「止めた……!?」
ヘスペラ「うぉるるるる……!」
りょうば「さすがに力があるな!だけど、そんな直線的な動きじゃあ……!」
ヘスペラ「うぉるる!?」
エルピス「うわっ!」
りょうば「風は止まっちゃくれないぜ?」
テオ「もう一発!」
りょうば「客が手品に驚くのは一度までだ!覚えときな、お嬢ちゃん!」
テオ「か、かき消された!」
エルピス「……っ、ユウ!」
ユウ「くっ!」
「ピリリリリリ!」
ユウ「警吏の笛……。」
りょうば「ちっ、さっきより近いか……。」
【エルピス、エルピス……!】
エルピス「……!【先輩!】」
【エルピス、今どこにいる?私達で迎えに行くから】
エルピス「……っ!【ダメ、来ちゃ!こっちは危ない!】」
【エルピス?】
エルピス「にげて!」
りょうば「逃がしゃしねえさ!5年ぶりの好機をよぉー!」
ユウ「……笛!?」


メアリローサ「商業都市について、もしどうしても困ったことがあれば、それを吹きなさい。とっておきの助っ人が駆けつけてくれるはずですわ。」


ユウ「これだ……っ!」
「ぴーよよよよよよよ!」


「シュゥゥゥゥ!」
カプナート「くっ……!」
ヘキサルト「リーダー!」
カプナート「さばいた!……チッ、糸は切り裂かれたか。」
ヘキサルト「じゃあ私も……、」
カプナート「僕の後ろにいろ!」
ヘキサルト「うん!」
ヘキサルト「って、いやちょっと待って!私だって戦えるの知ってるでしょ!?」
カプナート「馬鹿なことを言うな!お前は下がっていろ!守ってやる!」
ヘキサルト「ド、ドッキーン!って言ってる場合か!今の攻撃、生半可な使い手じゃないよ!?」
ヘキサルト「エルピス達だって、様子がおかしいし、ここは二人で協力して、早く対処を……!」
カプナート「わかってる!」
カプナート「全部わかってる……。だから、手だしも口出しもするな……!」
ヘキサルト「リーダー……。」
カプナート「……あの日のようにはいかないぞ。」
「シュゥゥゥゥ……!」
カプナート「……!かがめ!」
ヘキサルト「はい……っ!」
「シュルルルル……!」
カプナート「クソッ、また糸が……!」
「シュルルルルル!」
カプナート「はぁっ!」
「シュラアアアア!」
カプナート「くっ!はぁああ!」
カプナート(糸がどんどん切り裂かれていく!このままじゃ、こっちが……!)
ヘキサルト「……私の助けじゃなかったらいいよね?」
カプナート「なにっ!?」
ヘキサルト「はぐれた時に、こうするべきだった!ピラオロス、霧を吹き飛ばして!」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉん!」
「シュルルル!?」
「シュラァアアアア!」
ヘキサルト「蒸気を!」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉん!」
カプナート「……っ!」
「シュルルルルル……!」
ピラオロス「……ぽぉぉぉぉん。」
ヘキサルト「へっへっへ、霧が晴れた!これでようやく、姿を……、」
ヘキサルト「……!」
ジェイザール「……。」
ヘキサルト「う、そ……。どうして……?」
カプナート「……お前が、切り裂き魔か。」
ヘキサルト「……っ!」
カプナート「あの日、セントギア美術館で聞いた鳴き声と一緒だ。忘れるはずがない。」
ヘキサルト「そんな……嘘でしょ?」
ヘキサルト「ジェイザールが、切り裂き魔だったの……?」
カプナート「お前……奴を知っているのか!?」
ヘキサルト「どうして!ジェイザール!」
ジェイザール「しゅぅぅぅ……。」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉん……。」
ジェイザール「……。」
ジェイザール「シュルルルルル……!」
カプナート「来るか!」
カプナート(だが霧がない今、動きは把握できる!)
ヘキサルト「……っ!」
ヘキサルト「気をつけて、潜るよ!」
カプナート「なにっ!?」
「シュラァァァシュ!」
カプナート「しまっ……!」
ヘキサルト「警戒して!」
カプナート「……!」
ヘキサルト「私達の位置は把握されてる!下から攻撃されるよ!」
カプナート「ヘキサルト、お前……平気なのか?」
ヘキサルト「えぇ、なにがぁ!?私はいつだって平気だぜ!わっはっはっは!」
カプナート「……っ、そうかよ!」
カプナート(心配した僕がバカだった……!こいつが動揺なんてする女か!)
カプナート「その笑いをやめろ、気が散る!」
ヘキサルト「はいはいっと!」
カプナート「地下から出るのなら罠を張る!お前はその場から……、」
カプナート(……!糸が足りない。捕縛用の罠と、ヘキサルトを守るための罠。どっちかしか作れない……)
カプナート(どっちだ、どっちを作るべきだ……!任務遂行のためなら捕縛用、だがそれでは、ヘキサルトが襲われたときに対処できない!)
カプナート(ヘキサルトが襲われない可能性にかけるか!?いや、だがもしもの場合は……!)
カプナート(……つ、どっちだ!父上ならどうする。お爺様ならどうする……!)
カプナート(僕は、どっちを……!)
ヘキサルト「足元!」
「シュゥゥゥゥゥ……!」
カプナート「……!」
カプナート(僕はまた、同じ失敗を……!)
ヘキサルト「カプナート!」
カプナート「……っ!?」
ジェイザール「シュラァァァァッシュ!」
ジェイザール「……シュル!?」
ヘキサルト「……っつう!」
カプナート「へ……、」
カプナート「ヘキサルト!」
ジェイザール「しゅ、しゅるるる……!」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉん!」
ジェイザール「……!」
ヘキサルト「あ、あはは、ごめん。言いつけ、守れなかった……。動くなって言われてたのに……。」
カプナート「こ、こんな時まで何を笑ってるんだ!」
ヘキサルト「えへへ、ご、ごめん。この笑顔、嫌いだったよね。」
ヘキサルト「でもちょっと……今は余裕ないや。ごめん……。」
カプナート「ヘキサルト!」
ジェイザール「シュ、しゅるるるる……!」
ピラオロス「……。」
ジェイザール「シュラァアアアア!」
カプナート「こっちに……っ!」
「ぬぅん!」
りょうば「とわぁ!?」
ジェイザール、ピラオロス「……!?」
カプナート「人!?」
ユウ「カプナート!」
カプナート「ユウか!」
ユウ「良かった、合流出来て……。」
ユウ「って、ヘキサルト!?ど、どうしたんだ!」
カプナート「……っ、僕を庇って……、」
ヘキサルト「いやぁ大丈夫ですよー、私は。イケメンの腕の中で着実に回復を……、」
ヘキサルト「……てて。」
エルピス「先輩……!」
ヘキサルト「本当に平気だから……。それより、君達のほうは大丈夫だったの?」
エルピス「う、うん。メアリローサさんの助っ人が来てくれたから。」
カプナート「メアリローサ様の……?」
りょうば「ぺっ、ぺっ!人を投げるなんて、どういう力してんだよ!おう、あんた。ぶつかって悪かったな。」
ジェイザール「シュルルルル……!」
「警吏にこの場所は連絡済みだ。その全員を相手にする自身があるなら残るといい。」
「ぴよぴよ!ぴよぴよ!」
りょうば「……そりゃあちょっと自信ないね。」
ジェイザール「……。」
ヘキサルト「ジェイザール……。」
ジェイザール「……。」
「シュゥゥゥ……!」
りょうば「ふぅー……俺も退散すっかな。」
ユウ「……。」
りょうば「あそこまで追い詰められて、武器は出さずか。本当そっくりなくせに、中身はまるで……、」
りょうば「うん、ちょっと待てよ。ユウ?確か、それこそ大将が言ってたような……、」
りょうば「……!あぁ、そうかそうか!わっはっはっはっは!こりゃえらい思い違いを!」
「ピリリリリリリリ!」
「こっちだ!囲め!」
りょうば「っと、いけねぇ!」
「ははぁ、悪かったな若大将!また会おうぜ!」
ユウ「もう勘弁してください!」
ユウ「って、若大将……?」
テオ「なんだったの、あの人……。」
カプナート「おい、それよりヘキサルトを安全な場所に!」
「なら、近くに俺の知り合いが店をやっている。そこに移動しよう。」
カプナート「お前が、メアリローサ様の助っ……、」
ヘキサルト、カプナート「……え。」
ハードエッグ「お初にお目にかかる。俺の名はハードエッグ、私立探偵だ。そしてこっちは相棒のミスター。」
ミスター「ぴよよ!」
ハードエッグ「お近づきのしるしに、ゆで卵はどうだ?」
カプナート「助っ……、」
ヘキサルト「卵?」

前<第56話:機関車に揺られて
次>第58話:コーヒー、そしてゆで卵

第二部四章

タイトルとURLをコピーしました