第52話:奏鐘士・ヘキサルト

カプナート「……お前、は……。あの時の……!」
ヘキサルト「えっ、私のことご存じなの!?君のようなイケメンが!?マジで!どこで!?」
カプナート「……。」
ヘキサルト「あ、あ、わかった!わかっちゃいましたよ!『どこかで会った気がする……そう夢で』ってヤツだね!綺麗な顔して、ナンパの手は古いんだからも~う。」
ヘキサルト「わかってないね、警吏さん!顔が良ければなんでもいいわけではないのさ~!乙女心を揺らすには、もっとこう……、」
カプナート「……黙れ。」
ヘキサルト「はい?」
カプナート「黙れ!」
ヘキサルト「とわっ!?あっぶねー!」
カプナート「よくもその顔でバカな台詞を……!どういうつもりだ!」
ヘキサルト「ど、どういうつもりって言われても!私は思ったままのことを言っただけで……。」
ヘキサルト「あっ、もしかしてナンパの手が古いの気にしてた?」
カプナート「そもそも僕はナンパなんてことを……、」
カプナート「しないっ!」
ヘキサルト「おぎゃああ!?」
メルク「な、何なのです、あの人?」
ユウ「ぜ、全然わからん……。俺たちを助けてくれたみたいだけど。」
エルピス「ユウ、メルク!」
ユウ「エルピス!トトとテオも一緒だな!」
メルク「エルピス、あの人は一体どなたなのです?」
エルピス「……まだハッキリとわかったわけじゃないけど、でも多分、私と同じだと思う。」
メルク「同じ?」
エルピス「あの人の、腰の鈴。」
メルク「みゅ……みゅ!?あれはエルピスと同じ形の鈴なのです!」
エルピス「この鈴は奏鐘士の証。だから、あれを持ってるあの人は……!」
ピラオロス「ぼぉぉぉ……。」
ユウ「うわっ、モンスター!?」
テオ「このモンスター、どこから……!?」
【その子、私の相棒ね。名前はピラオロス】
エルピス「また、声が……!?」
【いやー、君が世界鐘を二つ鳴らしててよかった!おかげで私の鈴と、連絡を取ることができる!】
エルピス「それじゃあ、この声は……!」
ヘキサルト「私だよん!はい着地!アーンド……、」
ヘキサルト「射撃ぃ!」
カプナート「くっ!」
ヘキサルト「よっしゃ隙有り!逃げるぞー!」
ユウ「えっ、ちょっ、待っ……!」
エルピス「行こう!多分、あの人信用できる。」
ユウ「エルピス!あぁ結局こうなるのか~!テオ、俺から離れないようにな!」
テオ「う、うん!」


警吏の男性「この道にバリケードを!誰もここを通すなー!」
ヘキサルト「残念、その道は通らないんだなー!」
警吏の男性「へっ?あれ!?」
警吏の女性「し、下!誰か走ってる!」
警吏の男性「げげっ、どうやってあの道に!?」
ヘキサルト「この場所に関しては、私の方が詳しいみたいだね~ん!あっ、そこ!踏んだら抜けるから気をつけてー。」
ユウ「そういうのはもうちょっと早く……ひょわっ!」
ヘスペラ「うぉるるる!」
ユウ「ぐえっ!あ、ありがとうヘスペラ……。で、でも、首が締まって……!」
メルク「辛抱するのですよユウさん!」
エルピス「はぁ、はぁ!あの!」
ヘキサルト「んー、どうした?というか君、近くで見ると可愛いなオイ!」
エルピス「へへへ……ありがとう。あなたもすごく素敵。」
ヘキサルト「んにょっ!?そ、そう?いやぁ、照れるなぁ照れるなぁ。」
ピラオロス「ぽぉぉぉん。」
ヘキサルト「あっ、はいはい、そうでした。で、どうしたの紫の奏鐘士ちゃん!」
エルピス「あなたもやっぱり、奏鐘士なの?」
ヘキサルト「そうとも!私こそ巷で噂の、び、美少女奏鐘士!」
ヘキサルト「ヘキサルトちゃん、でっす!」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉん。」
メルク「走りながら決めポーズを!」
テオ「白い煙の演出つきだわ!」
エルピス「む……。」
エルピス「ご丁寧にどうもありがとう。私はどこかで噂かもしれない美少女奏鐘士……、」
エルピス「エルピスちゃん、ですっ!」
テオ「ガニ股はかわいくないわ、エルピスねぇ!」
メルク「元の良さを全部ダメにしたのですよ!」
エルピス「ここでヘスペラの演出!」
ヘスペラ「うぉるる!?」
ユウ「無茶ぶりだー……。」
ヘキサルト「なるほど、エルピス!やっぱり世界鐘を鳴らすためにここに来たわけ?」
エルピス「半分はそう。でもここに来たのは偶然なの。」
エルピス「そうだ、ヘキサルト。ここはお菓子の国……なのかな?」
ヘキサルト「お菓子の国ぃー!?違う違う、そんな甘そうな国じゃないよ!」
ヘキサルト「ここは歯車と蒸気の唸る国!機械の国だよん!」
ユウ、メルク「き、機械の国ぃー!?」
テオ「じゃ、じゃあチョコレートは!?お姫さまは!?」
ヘキサルト「チョコはあるけど、お姫さまはいないなー。」
テオ「うぎゃああああ!」
ヘキサルト「えっ!わ、私、なんか悪い事言っちゃった!?」
ユウ「お菓子の国を楽しみにしてたもんだから……。」
ヘキサルト「あぁ、なるほど……。そりゃショックだよねぇ。」
ヘキサルト「まぁそう落ち込むなよ、テオ……だっけ?機械の国は機械の国で、楽しいものもあるんだから!」
テオ「ぐしゅっ……本当?」
ヘキサルト「ホント、ホント、ヘキサルトウソツカナーイ。もうすぐ着くから楽しみにしててよん。」
メルク「そう言えば、私たちどこに向かっているのです?」
ヘキサルト「もちろん、脱出口!ここを曲がれば、すぐに……!」
「させるか。」
ヘキサルト「……!」
「きゅ……?きゅきゅー!?」
ユウ「トトー!?」
エルピス「……!トトに一本だけ糸が!」
ヘキサルト「ごめん、切り損ねてた!てぇい!」
エルピス「ヘスペラ、キャッチを!」
ヘスペラ「うぉるるる!」
トト「きゅきゅ~!」
カプナート「案内ご苦労。お陰で追いつくことができた。」
カプナート「今度は逃がさないぞ。」
ヘキサルト「……イケメンに言われたい台詞、トップ10には入るよね、今の。」
メルク「わかるのですよ……。」
ユウ「メルク~……?」
ヘキサルト「でも、そう嬉しいシチュエーションじゃないか!ピラオロス、みんなを誘導して!」
ピラオロス「ぽおおおん。」
エルピス「ヘキサルトは!」
ヘキサルト「そりゃあしんがりでイケメンの御相手さっ!きゃあ~、抜け駆けしちゃってごめんなさい!」
カプナート「ふっ……!」
ヘキサルト「よいしょっと!」
ヘキサルト「さぁ行って!すぐに追いつく!」
エルピス「……わかった。」
カプナート「行かせるか!」
ヘキサルト「行かせてよん!」
カプナート「ちっ……!」
カプナート(忌々しいが、腕がたつ!おまけにあの顔……!)
ヘキサルト「はへ?」
カプナート「……っ!やめろ!その顔で、そんな間抜けな面を……!クソッ!」
ヘキサルト「ふぅーむ……。なーんかわからないけど、チャーンス!」
カプナート「ふ……っ!」
カプナート(心底腹立たしいし、虫唾が走るが……、糸だけで勝てる相手じゃないと、認めざるを得ない!奴を止めるためには……)
カプナート(彼女を出すしかない!)
カプナート「出番だ!上がれ……!」


「父がどうして、イノージェンを君に託したのか。その意味をよく考えてみなさい。」
「それがわかるまでは、彼女を任務に使うことを禁じます。」


カプナート「ぐっ……!」
ヘキサルト「ありゃ、何もでないの!?ちょっと楽しみにしてたのに……。」
ヘキサルト「ま、いっか!チャンス、再びいただきぃ!」
カプナート「ちいっ!」
「あばよー、警吏さーん!」
カプナート「ま、待て!」
カプナート「ク、ソッ!」


ヘキサルト「お、いたいた!やーやー皆の衆!準備はできてるかなー?」
ユウ「準備って、ここ……!」
テオ「行き止まりなんだけどー!?」
ヘキサルト「まぁまぁ、そうおっしゃいますな。機械の国のすごさ、ここで教えてあげますよーん。ピラオロス、蒸気ちょうだい!」
ピラオロス「ぽぉおおおおおん!」
メルク「みゅ……。ピラオロスから出た煙が、機械に吸い込まれていくのです?」
ヘキサルト「ただの煙じゃないよ。あれは蒸気。機械の国はあれを使って成長してきたんだ。」
ユウ「おわっ?な、なんか足場が揺れてるぞ!?」
ヘキサルト「さぁ、そろそろだ!何かに掴まって!」
テオ「ひしっ。」
ユウ「お、おお。」
メルク「ひしっ、なのです。」
トト「きゅっ。」
ユウ「う、うお……熱い。」
エルピス「うずうず。」
ユウ「悪いけど俺の体は限界だ。」
エルピス「がーん。」
ヘキサルト「おいでエルピス!特等席で見せたげる!これが技術三国、機械の国が誇る大発明……!」
ヘキサルト「蒸気機関だよぉーん!」
エルピス「足場が浮いて……!?」
「うわぁあああああ!?」


裏町のおばさん「いやぁ、今日はいい天気だねぇ。絶好の洗濯日和……、」
「ひゃああああああ!?」
裏町のおばさん「おわわわっ!?な、なんだい、なんだい!」
「ごほっ、ごほっ!あぁー良かった。昇るのは初めてだったから不安だったんだけど、なんとかなったみたい。」
裏町のおばさん「あーん……?」
ヘキサルト「ぷはぁ!外の空気がうまーい!」
ピラオロス「ぽぉぉぉぉ……。」
裏町のおばさん「ヘキサルトにピラオロス!やっぱり、あんたたちだったのかい!」
ヘキサルト「あぁ、おばさん!ただいまです!」
裏町のおばさん「ただいまですって、あんた……。もう3日も部屋を空けたから心配してたんだよ。てっきり、もうここを離れたのかと……。」
ヘキサルト「あはは、すみません。地下の昇降機を動かしてみたら、思ったより遠くまで移動できちゃって。」
裏町のおばさん「ああ、あの錆びだらけのやつかい?ずーっと放置してあったのに、動くもんなんだねぇ。」
ヘキサルト「でも、危ないので触らない方がいいですね。後で封鎖しときます。」
ヘキサルト「あ、それからおばさん。貸してもらってる部屋に、お客さんを泊めてあげても構いませんか?家賃は人数分出すんで。」
裏町のおばさん「家賃なんかはいつも通りでいいけど……。お客さん?珍しいね。」
ヘキサルト「えぇまぁ。私も会えるなんてびっくり……って感じなんですけどね。」
ヘキサルト「おーい、みんな。一旦私の家においでよ。お茶ぐらい出すよー。」
「……。」
ヘキサルト「あれ、みんな?どうした……、」
ヘキサルト「ふあっ!?」
裏町のおばさん「ど、どうしたんだい!?」
ヘキサルト「ぜ、全員白目むいてます……!」
裏町のおばさん「何してたんだい、本当に……。」


ヘキサルト「いやぁ、ごめんごめん。すっごい速度が出るってこと言い忘れてたよ。」
ユウ「い、いや、お陰で逃げられたから……。テオ、大丈夫か?」
テオ「ジョーキキカン、しゅごい……。」
エルピス「大丈夫のような、そうでないようなという感じ。」
ヘキサルト「い、いや本当にごめん……。とりあえず、水でも飲んで落ち着きなね?」
テオ「しゅごい……。」
メルク「実際、蒸気機関とはなんなのです?振動だけでも、すごいパワーを感じたのですよ。」
ヘキサルト「私も詳しい仕組みはわからないんだけど、要は蒸気を使って動く装置ってところかな。機械の国では、ほとんどのものにその技術が使われているの。」
ヘキサルト「私の翼も、その一種ね。」
メルク「みゅ~……初めて聞く技術なのですよ。」
エルピス「装置を動かすときに言っていた、技術三国っていうのは?」
ヘキサルト「お、よく聞いてくれたね!」
ヘキサルト「技術三国っていうのは、この辺りに集まってる機械、エレキ、科学の国のこと。メフテルハーネでも特に技術力に長けた国の総称だよん。」
ヘキサルト「と言っても、その中じゃ機械の国は一歩出遅れてるのが現状らしいけどね。」
ユウ「あんなにすごいものがあっても、一歩出遅れてるのか……。」
ユウ「あれ、エレキの国?たしかエレキって……、」
メルク「そうなのです。カラコリチアさんが眠っていた装置がエレキだとステラさんが言っていたのですよ。」
ユウ「そうか……。近くにその国があるんだな。」
ヘキサルト「他にも質問があれば答えるよん。エレキの国の事とかになると、さすがにわからないけどね。」
エルピス「好きな食べ物はなんですか。」
メルク「今聞くことなのです?」
ヘキサルト「んー……エルピスは?」
エルピス「マフィン。」
ヘキサルト「おぉ、そっか。どっかから調達してきてあげるよ。」
エルピス「わーい。」
メルク「わーい、ではなく……。私からも、質問してもいいのです?」
ヘキサルト「どうぞー。君に関しては私からも質問したいことも山もりだけどね。」
メルク「それは後程いくらでも、なのです!」
メルク「まずはこの場所について聞きたいのですよ。機械の国でいうと、どのあたりなのです?」
ヘキサルト「場所っていうなら中心かな?ここは機械の国の首都、セントギアだから。」
メルク「みゅみゅ!首都だったのですね!」
ヘキサルト「そうだよーん。ここには設計議会があるからね。人もたくさん集まってくるよ。」
ユウ「設計議会?」
ヘキサルト「あぁ、外の国の人は知らないよね。ごめんごめん。えっとね、要は政治機関ってところかな~……。君達の国にもない?国を運営する組織とか。」
テオ「こくこく……ふぅ。魔術協会のことかしら?」
ユウ「魔法の国だとそうなるな。王国で言えば王様ってことになるのかな。なるほど、それで首都……、」
ユウ「……でもヘキサルト。その、気分を害したら悪いんだけど。」
ヘキサルト「その心遣いがもう嬉しいよーん。どした、何でも言ってみ?」
ユウ「……首都で、人が集まるっていう割には、ここは少し寂しいような気がして。」
ヘキサルト「あぁー、当然の疑問だよね。首都は首都でも、ここは裏町だから。」
ユウ「裏町?」
ヘキサルト「機械の国は貧富の差が結構激しくてね。どれだけ栄えた町であったとしても、必ず、こういう感じの町があるぐらいなんだ。」
ヘキサルト「表街道に出れば、多分、君達の想像通りに光景が広がってると思うよ?」
ユウ「そうだったのか……。ごめん、事情も知らないで……。」
ヘキサルト「いいのいいの、君は優しいね?ふふ、今のでだいぶ好きになったよ、君のこと。」
ユウ「……ありがとう。」
ヘキサルト「それに貧しいって言っても、日々の生活に困るほどじゃないよ?毎日ご飯は食べられるし、仕事だってある。」
ヘキサルト「狭い町だから、みーんな知り合いでさ。誰かの誕生日には、町中の人が集まるんだよ?」
テオ「町中の人にお祝いしてもらえるの!?」
ヘキサルト「そうだぞー、もうすっごいんだから!食べ物を持ち寄って、出し物をして!」
ヘキサルト「あぁ、生まれてくるのって幸せなことなんだなぁって、見てるこっちまで感動しちゃう。」
エルピス「生まれて、幸せ……。」
ヘキサルト「たしかに表街道で手に入る幸せは、ここでは手に入らないし、向こうも楽しいよ?特に服とかは向こうの方が圧倒的におしゃれだし!」
ヘキサルト「だけど、ここでしか見つけられない幸せもある。機械の国って、そういうところあるんだよね。」
ヘキサルト「あるべき場所に、必要なものがちゃんとあるって感じ。私はそれが好きなんだ。」
ピラオロス「……。」
メルク「……いい国なのですね。」
ヘキサルト「うん。すっごくね。」
ヘキサルト「っと、いっけねー!私の話になっちゃってたね?他にはない?何でも答えちゃうよ!」
エルピス「……それじゃあ、私。」
メルク「好きな食べ物とか、お見合いで聞くような質問は後回しなのですよ?」
エルピス「うん、それはまた今度聞く。私が聞きたいのは……、」
エルピス「この国の、世界鐘についてだよ。」

第二部四章

タイトルとURLをコピーしました