第3話:新たな同行者

リチャード「オラァ!」
ノーズホーン「グルル!?」
リチャード「よし、隙ができた!何度目かの正直だ!行け、ユウ!」
ユウ「あぁ、今度こそ……!」
ノーズホーン「ギャウウ……!」
ユウ「よし、効いてる!」
?(トゥルータ)「これが、癒術……。」
ノーズホーン「グルル……るる。」
ユウ「あと、もう少し……!届いてくれ、頼む!」
ノーズホーン「……。」
ノーズホーン「……ぐるる。」
?(トゥルータ)「敵意がなくなった……。」
リチャード「癒術は大成功ってところだな。お疲れさん、ユウさん。」
ユウ「はぁ、はぁ……やった。」
クライド「傷を癒そう。こっちに……、」
ユウ「いや、俺は平気だ。リチャードたちのお陰で大した怪我はないから。」
ユウ「それより、このモンスターを頼む。さっきの戦闘でところどころ怪我してるみたいだ。」
クライド「わかった。それじゃあ、さっそく始めようか。」
ノーズホーン「ぐるる。」
ユウ「……。」
?(トゥルータ)「あのモンスター。」
ユウ「え?」
?(トゥルータ)「もう人を襲うことはないんですか?」
ユウ「あぁ、もう無暗に襲ってくることはないはずだ。と言っても、こっちが怒らせたりしたらさすがに保証はできないけどな……。」
?(トゥルータ)「なるほど。つまり『話が通じる相手になった』ってことか。」
?(トゥルータ)「噂には聞いていたけど、これが癒術か。すごいもんですねぇ……。」
ユウ「いや、あんまり過信はしないでくれ。あんまりにも暴れているモンスターは今みたいに誰かに助けてもらわないと癒せないんだ。」
ユウ「それに、そのモンスターの虫の居所が悪かったら、癒したあとにも襲われることもある。まぁ、このモンスターは温厚だから大丈夫そう……、」
ノーズホーン「ぐるる!」
「ふおらばっ!」
ユウ「あれぇ!?」
メルク「お、襲われてしまっているのですよ!?」
?(トゥルータ)「だ、大丈夫、襲われてるわけじゃないです。ポケットの中をまさぐられているだけだ。」
メルク「ポケット?」
?(トゥルータ)「あっ!あー、なるほど……。もしかしてこれの匂いに釣られたのか?」
メルク「みゅ?それはチョコレートなのです?」
ノーズホーン「ぐるるる!ぐるるる!」
?(トゥルータ)「はいはい、差し上げますよ。元はと言えば、横着してあんたの縄張りに入った俺の落ち度ですしね。」
ノーズホーン「ぐるる~!」
ユウ「び、びっくりした……。癒術で呼びかけたら、すぐ答えてくれたからこのモンスターは大丈夫って油断してたよ。」
?(トゥルータ)「ふぅん、そういう感覚なのか……。」
?(トゥルータ)「ちなみに、この癒術っていうのはモンスター以外のものも癒せるものなんですかね?」
ユウ「モンスタ―以外のもの?……前に人にかけたことはあるけど、あの人は特別だしな。」
ユウ「それに、そのまま『物』って意味なら、多分、効果はないと思う。」
メルク「私も何冊か癒術士に関する本を読んだのですが、どれもモンスターに対しての効果についてばかりだったのですよ。」
?(トゥルータ)「……そうですか。」
?(トゥルータ)「って、水がしゃべった!?」
メルク「今気づいたのです!?」
ユウ「というか久しぶりだな、このリアクション!」
メルク「なんだか懐かしさすら感じるのです……。」
?(トゥルータ)「ど、どうなってんですか、それ?何かの魔道具?それとも新種のモンスター?」
メルク「みゅっふっふ、どちらもハズレなのです!まぁ、具体的に説明しろと言われるとヒジョーに困るのですが……。」
メルク「言えることは、私は魔道具でも、モンスターでもないということなのです。」
?(トゥルータ)「なるほど……。要は唯一無二の瓶入り娘さんってわけか。」
?(トゥルータ)「んで、瓶入りさんには特別な力とかはあるんですか?いや、存在自体がすでに特別なんだろうけど……。」
メルク「よくぞ聞いてくれたのです!何を隠そう私は……!」
?(トゥルータ)「私は!?」
メルク「美少女なのですよ!」
?(トゥルータ)「おぉ!」
?(トゥルータ)「……おぉ?」
?(トゥルータ)「お……。」
?(トゥルータ)「……!」
?(トゥルータ)「……。」
ユウ(リアクションに困ってるぞ……!)
メルク(わ、悪いことをしてしまったのです……)
?(トゥルータ)「か……、」
メルク、ユウ「か?」
?(トゥルータ)「隠れてないやないかーい。」
ユウ「あぁっ、いい人だ!」
メルク「ご、ごめんなさいなのです!さっきのはただのジョークなのですよ~!」
モジャ「おーい、終わったもじゃかー?」
ユウ「あっ、モジャさん。はい、今終わりました!」
?(トゥルータ)(どちら様で?)
メルク(モジャさんなのですよ。ユウさんたちを護衛として雇ってくれた人なのですよ)
?(トゥルータ)(なるほど!じゃあ、あの人も間接的に恩人ってわけだ)
?(トゥルータ)「ありがとうございます、モジャさん。あなたが護衛を寄越してくれたお陰でこの通り、助かりました。」
モジャ「おぉ、追われてたのは君だったもじゃか。まったく、無謀なことするもじゃなぁ。護衛もなしにこの森を抜けようなんて……。」
?(トゥルータ)「面目ない。やっぱり、知らない国では大人しく街道を使うべきですねぇ……。」
ユウ「うん?王国の人じゃないのか?」
メルク「そういえば、ちょっと変わった格好をされているのですよ。」
?(トゥルータ)「まぁ、しがない観光客ってところです。」
モジャ「まったく、そのしがない観光客が、こんな森で何をやっているもじゃか?」
モジャ「特に見るものがある森ではないし、戦いが不得手な人間が散歩するにはちょっと危険すぎる森じゃもよ。」
?(トゥルータ)「いやぁ、地元の人に聞いたら、この森を行くのが王都への最短ルートって聞きましてね。これは使わない手はないと思ったわけなんですよ。」
?(トゥルータ)「勿論、安全じゃないってのも聞いてはいたんですが、王都にはできるだけ早く着きたくて……、いやぁ、横着っていうのはするもんじゃないですねぇ。」
モジャ「ほほう、王都もじゃか。それは奇遇もじゃな。」
?(トゥルータ)「と言うことは、もしかして皆さんも……?」
リチャード「おう、目的地は王都だぜ。」
?(トゥルータ)「おぉ、それはそれは。世界ってのは狭いもんですねぇ。」
?(トゥルータ)(いやはや本当に……。これは運命的な何かも働いているのかもしれないな。何にせよ、見逃す手はないか)
?(トゥルータ)「物は相談なんですがね、モジャさん。俺を王都まで雇ってみる気はないです?」
モジャ「君をもじゃか?うーん、しかしもう護衛を雇う余裕は……、」
?(トゥルータ)「いえいえとんでもない!頼んでる分際でお金なんていただけませんや。」
?(トゥルータ)「ぶっちゃけると、俺は確実に王都に辿り着きたいだけなんです。連れていってもらえるならお金なんて!ええ!」
モジャ「つまり君はお給料のかわりに道中の足と安全を確保したいと……。」
?(トゥルータ)「まぁ、そういうことになりますかね。もちろん、その分はしっかり働きますよ?力仕事に宿の手配、子守歌までなんなりと。」
モジャ「なるほど、悪くない条件もじゃな。他のみんなは構わんもじゃか?」
リチャード「俺は大歓迎だぜ。旅仲間ってのは何人いても良いもんだ!」
ユウ「俺も、大体リチャードと同じです。」
メルク「なのですよ!」
トト「きゅ!」
クライド「彼の投擲技術もなかなかのものでした。戦闘でも活躍してくれるんじゃないでしょうか?」
?(トゥルータ)「そ、それはちょっと勘弁してもらいたいなぁ、なんて……。まぁ、言われたらやりますけどね、ええ。」
モジャ「決まりもじゃね。」
モジャ「君の条件で契約成立もじゃ。これから王都までよろしくお願いするもじゃよ。」
?(トゥルータ)「ありがとうございます!いやぁ、助かった。これで王都まで行けそうだ!」
?(トゥルータ)「他の皆さんもどうぞよろしく!皆さんの邪魔にならないように精一杯やりますんで、どうぞお手柔らかに頼みます!」
ユウ「同じキャラバンの仲間なんだから、そこまで気を遣ってくれなくても……。」
ユウ「ともかく、王都までよろしく。えっと……、」
?(トゥルータ)「おっと、そういえば名乗ってませんでしたね。これは失敬。」
トゥルータ「俺の名前はトゥルータ。末永く……とはいきませんが、しばらくの間、面倒見てやってください。」

クライド「おーい、食事ができたよー。」
トト「きゅ!きゅ~!」
リチャード「待ってました!今日はよく働いたからなぁ。もう腹ペコだぜ。」
ユウ「俺もだ……。肉、肉が食べたい……。」
モジャ「大いに同感もじゃ。串焼きで炙って油が滴っている肉に、塩をパッとふってもじゃな~……、」
ユウ、リチャード「あー!」
クライド「残念、こんばんはシチューだ。厚切りにしたベーコンを入れておいたからそれで勘弁してくれよ。」
トゥルータ(シ、シチューかぁ。野菜はともかく、ベーコンはどうだろう。……ひとかけらぐらいならいけるか?)
クライド「トゥルータくん、器を寄越してくれ。」
トゥルータ「あ、あぁ。ありがとうございます。美味しそう、ですね。」
クライド「シチューは私の得意料理でね。よく近所の子にせがまれて作っていたものさ。」
クライド「あの子も、あの時は純粋に可愛かったのになぁ……。今は、いったいどうして……。」
トゥルータ「あ、あの、クライドさん?そろそろ、よそうのを止めてもらえると……、」
クライド「元々はあんな笑顔をする子じゃなかったんだ!もっと純粋で、真っ白な笑顔を見せる子で……、」
トゥルータ「クライドさん?ちょっと?ねぇ、止めてって。お願いですから、ねぇ!」
クライド「今の笑顔は無垢さを残しつつも、明らかに似て非なるものになってしまった!あの笑顔で見つめられると、思わずゾクゾクして……!」
クライド「ハッ!違うぞ!私はマゾヒストじゃない!」
トゥルータ「ぎゃー!ものすごいでかいベーコンが入ったー!?」
トゥルータ「ク、クライドさん、すみません!さすがにこれは……!」
リチャード「落ち着け、クライド!お前はマゾじゃない。マゾじゃないぞ!」
クライド「はぁ、はぁ……!私はマゾじゃない。マゾじゃないんだ……!」
トゥルータ「……。」
リチャード「心配すんな、トゥルータ。クライドは極まれに時々それなりの頻度でこうなるけど、ひとしきり取り乱せば落ち着くから。」
リチャード「まぁ、しばらく会話は難しいけどな。何か言いたいことがあったのか?」
トゥルータ「ええっと、ベーコン……、」
クライド「違うって言ってるだろー!」
トゥルータ「ハイ!ナンデモナイッス!」
トゥルータ「言えるわきゃねーじゃん……!言えるわきゃねーじゃん、あんな状態の人に……!」
ユウ「あ、いいなぁ。トゥルータのベーコン、ものすごく大きい。」
メルク「当たりなのですよ!」
トゥルータ「当たりっていうか、試練……。」
トゥルータ「そうだ、先生にあげましょうか?」
ユウ「気持ちだけもらっとくよ。トゥルータも腹減ってるだろ?俺に遠慮しないで食べてくれ。」
トゥルータ「優しいッ!」
ユウ「なんで怒り気味なんだ!?」
トゥルータ「瓶入りさんはどうです?ほら、こんなにぶ厚いベーコンですよぉ。油みなぎりでうまそうですよぉ。」
メルク「そ、それじゃあ自分で食べればいいのでは?どっちにしろ、私もいただけないのですよ。」
トゥルータ「気遣いの化身かよ!」
メルク「何なのです、それ!?」
メルク「と、ともかく、お気持ちは嬉しいのですが、私はそもそも体質的にダメなのですよ。」
トゥルータ「体質的に?」
メルク「私は食事が必要ない身体なのですよ。だから、いただくことはできないのです。」
トゥルータ「そ、そうだったんですね……。すみません、デリケートな部分に……。」
メルク「ぜーんぜん、気にしてないのですよ!これも私の立派な個性なのです!」
メルク「それに1人分の食事が浮いて、実質お得!そう、私はお得感のある瓶詰め美少女なのです!」
ユウ「10ゴルドで売られてたしな。」
メルク「そういうお得感はいらないのですよ!」
メルク「それに私は、みんなが食べている姿を見ているだけでお腹がいっぱいになるのです。」
メルク「だから私のためを思ってくれるなら、そのベーコンはトゥルータさんに食べてもらいたいのですよ!」
トゥルータ「瓶入りしゃん……!」
ユウ「な、泣くほどの話だったか?」
トゥルータ「すみません。瓶詰めさんの健気さと、結局食べることになる現実がかき混ぜられてよくわからなくなってしまって。」
トゥルータ「だけど、瓶入りさんがそう言うなら!俺、食べます!ベーコン食べますっ!」
メルク「みゅ、みゅう。ありがとう、なのですよ……?」
トゥルータ「がぶっ!うぉわば、辛いっ!でもなかなか美味しい!くそう、ひと口だけなら全然いけるんだけどなぁ!」
トゥルータ「がぶっ!がぶっ!うぉおおお、美味いけど辛い!でも全然減らない!どうです瓶入りさん!お腹いっぱいになってますかねぇ!?」
メルク「は、はいなのですよ……。どちらかというと、いっぱいになっているのは胸のような気もするのですが……、」
ユウ「なんか、壮大な勘違いが発生してないか……?」
トゥルータ「ふぐっ!ごくん!」
トゥルータ「よ、よし、飲み込んだ……!あと……あと何口だ?へへ、何口でもいいや。食べきればいいんだよぉ、食べきれば……。」
ユウ(なんか纏ってる空気がやばいぞ!止めないとまずいんじゃないか!?)
メルク(せ、責任を感じるのですよ!えっと、とにかく手を止めてもらわないと……!)
メルク「そ、そういえばトゥルータさん!トゥルータさんは王都を目指しているのです?」
トゥルータ「えっ?あー、はい。そうですけど……。」
ユウ(お、手が止まったぞ!)
メルク(成し遂げたのですよ……!)
メルク「何か王都に用事でもあるのです?やっぱり、観光なのです?」
トゥルータ「まぁ、観光って言えば観光ですかねー。ちょっと確認したいモンがあるんですよ。」
ユウ「確認したいもの?」
トゥルータ「ええ、皆さんはご存知ですかね?」
トゥルータ「世界鐘(ウルラレ)って言うんですけど。」
ユウ「……ごめん、初耳だ。有名なものなのか?」
トゥルータ「まぁ、有名っちゃ有名ですよ。なんでも、突如出現した巨大な鐘……とか何とか。」
メルク「みゅ~、それは不思議なのですよ。」
トゥルータ「まぁ、真偽のほどはわかりませんけどね。世界鐘が話題になり始めたのはつい最近で、この辺りには、名前と噂しか流れてきてませんから。」
メルク「どんな噂なのです?」
トゥルータ「想い人と鳴らせば結婚できるとか、その音を聞けば健康になれるとか……、そーいうありきたりな奴ですよ。」
ユウ「どことなく胡散臭いな。」
トゥルータ「ねー、まったくです。いったいどこの誰が、こんな噂を考えるんだか。」
トゥルータ「……でも、特別なものであることは事実です。なら俺には、それを調べる責任がある。」
ユウ「トゥルータ?」
トゥルータ「あははは、なんちゃって!要はただの興味ですよ、興味。もったいぶりましたけど、こりゃ観光ですねぇ。」
ユウ「あはは、そうかもな。」
ユウ「それにしても……世界鐘か。王都にはそんなものまであるんだな。」
ユウ「仕事が全部終わったら、俺たちも見に行ってみるか。」
メルク「みゅみゅ!ユウさんから観光の提案なんて珍しいのです!」
ユウ「まぁ、せっかくの王都だし行って帰ってくるだけじゃもったいないからな。メルクに行きたいところがあるなら別だけど。」
メルク「私も世界鐘を見てみたいのですよ!ぜひぜひ行くのです!」
ユウ「じゃあ決まりだな。」
メルク「わぁーいなのです!シエットさんに良いお土産話ができそうなのですよ!」
メルク「みゅふふ、今から到着が待ち遠しいのですよ!」
(……いいな)

メルク「……。」
メルク「みゅ!?」
メルク「こ、ここはどこなのですー!?」

第二部一章

タイトルとURLをコピーしました