第94話:雨の中の少年

ユウ「この先の村を越えると、まよなか谷だな。」
シエット「谷の向こうにエストアの村があるんだよね?」
ユウ「みたいだな。メルクについてなにかわかるといいけどなあ。」
メルク「なのですよ~……。でも、何も分からなくても、……みゅっ?」

メルク「なんだか、びんが曇って……、雨なのです?」
ステラ「通り雨、には見えないわね。ちょっと洞窟かなにか、探したほうがいかもしれないわ。」
アレク「あわわ、だんだん雨が激しくなってきたよ!?……あれ、ねえ、ユウ!あそこに誰かいるよ?」
シエット「こんな雨の中に?」何してるんだろ?」
?(エリオット)「ちがう、……このモンスターでもない……。」
チューダー「チュー!」
?(エリオット)「ええい、お前は違うんだから、ちょっと離れてろ。」
チューダー「チュー!……ガブゥッ!」
メルク「頭かじられてるのに、気づいてない様子なのですよ!?」
ユウ「誰かを思い出すな。」
フィーリア「……。」
アレク「と、とにかく助けよう~!」

第一部二章

タイトルとURLをコピーしました