第92話:ルーイの気持ち

ルーイ「今の戦いでわかっただろう?僕は弱いんだ……。こんな僕がユニルスを召喚する資格なんてない。」
ルーイ「もしかしたら、このティンクルシードも僕が持っているべきじゃないのかもしれない……。」
メルク「そ、そんなのユニルスが可哀想なのですよ……!」
ルーイ「……。」
フィーリア「……ボスが!ティンクルシードを狙ってる……、ルーイさん、危ない……!」
ジャバウォック「グルルル!」
ルーイ「……っ!?」

第一部二章

タイトルとURLをコピーしました