第74話:罠

トト「きゅっきゅっ~!」
ユウ「なんだか今日はご機嫌だな?天気がいいからか?」
ステラ「『今日の俺は絶好調だぜ!なんてったって朝ごはんが好物だったからな!』」
ユウ「天気じゃなかったか……。」
シエット「それにしても、ユウがモンスターのそばで泣いてないなんて、ホントに不思議。」
ユウ「それはもういいだろ。」
メルク「そうなのですよ!初めはきゅうだけじゃ何考えてるかわからなくて怖い、とか半べそかいてたのですよ~。」
ユウ「う……。そ、それはもういいだろ。今は、なんか声の調子とかで機嫌はわかるようになってきたんだからな。」
メルク「成長したのですよ~!」
アレク「……はあ。」
フィーリア「アレク……。」
アレク「フィーリア、ちょっと今は……、」
アレク「って、うわあ!?」
「あわわわ、ユウ~!助けて~!」
メルク「みゅっ!?落とし穴なのですよ!罠なのですよ!」
フィーリア「だから、呼んだのに……。」
?(ルシュカ)「やった!とうとうかかったんだ!」
?(ルシュカ)「……って、あれ?何だ、人間かあ……。」
シエット「ちょっとちょっと、危ないじゃない。どうしてこんなところに罠を仕掛けてたの?」
ルシュカ「よく聞いてくれたね!なにを隠そう、このルシュカ、モンスターを捕まえたいの!」
ユウ「そりゃまた、どうしてだよ?」
ルシュカ「ふふん、聞いて驚くといいよ!私には偉大なる野望があるんだからね!その野望とは!モンスターの郵便屋さんをすることなのだよ!」
フィーリア「……郵便屋?」
ルシュカ「そう!そのために飛べるモンスターを捕まえたかったのに……、人間は飛べないなあ。」
モノバット「キュイ!」
ルシュカ「あっ!もうひとつの罠が成功してる!って、逃げた!」
モノバット、モノバット「キュイイイ!」
メルク「仲間のモンスターが怒ってるのですよー!」
「って、戦う前に、誰かボクを助けて!」

第一部二章

タイトルとURLをコピーしました