第69話:ステラの頼み

シエット「ユニルスからもらったティンクルシード、どうするの?」
ユウ「俺は使うつもりはないよ。あいつが初めて召喚されたいのは、やっぱ、俺じゃないだろうしな。」
ステラ「……。」
トト「きゅきゅっ!」
ステラ「ふふ、トトにはお見通しね。」
トト「きゅっ!」
ステラ「癒し手さん、少し私のわがまま、聞いてもらえないかしら?」

メルク「ここが、ステラさんの育った村なのです?なんだか平和そうなのですよ~。」
村守・ミント「あら、癒し手さん?うふふ、ここはモンスターもほとんど出ないし、あなたたちの出番はなさそうよ。」
アレク「ステラ、どうするの?」
ステラ「私の用は、この村じゃないの。ついてきてくれる?」

ステラ「……、移動した形跡はなさそうね」
アレク「ステラ~、ボクもうへろへろなんだけど……。」
メルク「まったく、アレクはだらしないのですよ~。」
アレク「って、メルクはビンのなかだから、自分で動いてないじゃないか!」
メルク「私はこの美少女ボディを維持するのにエネルギーを使っているのですよ!」
アレク「うう、つるぺたのくせに~。」
メルク「ううう、うるさいのですよ!?わ、私だって、もうちょっとしたら有形化できる量がきっと増えて、その分ぼんきゅっぼんになるのですよ!」
アレク「……ふーん。」
メルク「信じてないのですよ!?」
シエット「二人共、じゃれあうのはいいけど、モンスターが来たよ!」
ユウ「村守はいないって言ってたんだけどな……。」
ステラ「……。」

第一部二章

タイトルとURLをコピーしました