第68話:ユニルスがくれたもの

アレク「うー、もうボロボロだよ~。」
フィーリア「……気が、すんだ?」
ユニルス「ぐるる……。」
ユウ「……俺がお前のティンクルシードの持ち主を見つけたら、お前のこと言っといてやるよ。ずっと待ってるってな。んで、召喚されたら、思いっきり文句言ってやれ。」
ユウ「お前は十分強いよ。だから、もう勝負仕掛けたりするのはやめとけよ?」
ユニルス「ぐるるー……。」
ユウ「これ、ティンクルシード……。」
ユウ「……そうか。ありがとな。」

第一部二章

タイトルとURLをコピーしました