第53話:癒術士になること

ユウ「……おわった、のか?」
メルク「ユウさん!?し、しっかりするのですよ!」
ラーテル「マジで、なんとかなったのか……。」
ヴォックス「シャー!」
アレク「あわわっ!まだ残ってたんだ!どうしよう、みんなもう戦えないよ!」
ヒイロ「すべてが無敵、いつでも素敵、ラブがゆえにノーエネミー!通りすがりの大癒術士☆ヒイロくん、参上!あとはこの僕に任せなよ!」
ユウ「ヒイロさん……!?」

ユウ「ヒイロさんが来てくれたおかげで、みんな無事でした。村の人も大丈夫だったみたいだし、ありがとうございました。」
ヒイロ「いや、僕は最後にちょっと手伝っただけで、みんな君たちのおかげさ。フフ、僕の目は正しかったろ?君は癒術士に向いてるって。」
ユウ「『モンスターを怖いと思わせないことも癒術士の仕事』って言ってたの、俺ようやく意味が分かりました。だから、逃げられなかった……。」
ユウ「俺があそこで退いてたら、村の人はモンスターと仲良くしようなんて、思わなくなってたかもしれません。」
トト「きゅきゅっ!」
ヒイロ「よく懐いてる。君はいい相棒を持ったね。」
ユウ「……はい。俺、トトと会えてよかったと思ってます。癒術士は、こういう機会を守る存在でも、あるんですよね……?」
ヒイロ「僕はそうだったらいいな、と思ってる。なんてったって、僕はモンスターを愛しているからね!」
ユウ「結局は、ラブですか。」
ヒイロ「アハハ!」
ヒイロ「全ては、ラブなのさ。」

ヒイロ「……さて。山の上の遺跡、か。これは要報告だなあ。」
ヒイロ「あー、王都まで戻るのめんどくさっ!」

第一部一章

タイトルとURLをコピーしました