第44話:再会

アレク「それにしても、これってなんの遺跡なんだろう?」
ユウ「エリアスの口ぶりからして、メルクになにか関係があるのかもな……。」
メルク「あのマントマン、言い逃げなのですよ!気になるところで、次巻に続く作戦なのですよ!」
ユウ「まあ、それはあながち間違ってないけれども……。」
フィーリア「……だれか、いる。」
トト「きゅっ!」
メルク「……トト!?よ、よ、よかったのですよおおお!帰ってきてくれたのです?」
ステラ「それはどうかしらね?」
メルク「ステラさん……!どうしてここに?」
ステラ「どうしてもなにも、私の目的はもともとこの遺跡なの。だから、……この子があなたたちに会いたがったわけでもない。」
トト「きゅっ!」
アレク「そっぽ向いてる……。あんなにユウと仲良さげだったのに……。」
メルク「ユウさん!謝るのですよ~!もとはといえば、あの舌噛み男との勝負にトトを賭けたりするからなのですよ!」
トト「きゅきゅっ!」
ステラ「『今更そんなこと言われたって戻らねーよ、バーカ!』
メルク「こんな可愛い鳴き声でそんな口調なのです!?」
ステラ「いえ、話し方は私の創造よ。けど、内容は間違ってないと思うわ。」
メルク「そ、そんなのウソなのですよ!トトを返して欲しいのですよ……!」
ステラ「今、この子は私を選んでくれたの。それを無理やり連れ戻そうなんて、私の嫌いなやり方だわ。」
ステラ「どうしてもというなら、私たちを倒して、再びこの子に認められることね。」
トト「キュッ!」
ユウ「……。」

第一部一章

タイトルとURLをコピーしました