第34話:ラーテル、再び!

トト「きゅきゅっきゅ~!」
アレク「トトって本当にユウに懐いてるんだなあ。ユウ、どうしたらそんなに仲良くなれるの?」
ユウ「仲がよさそうって言ってもな……。たぶん、癒したのが俺だったからだと思うぞ?」
アレク「でも、ワイバーンは癒し手じゃなくて、ボクの父さんにティンクルシードを渡したよ?」
ユウ「それもそうだな。ホントに、なんで俺なんだろう。ステラみたいに気持ちがわかるわけでもないのにさ。」
メルク「確かにユウさんはマシになったとはいえ、モンスター恐怖症だし、後ろで応援してばかりなのですよー。」
メルク「そしてアレクはユウさんのさらに後ろで応援の応援をしてるだけなのですよー。」
アレク「うっ……、こ、これから頑張るよ!」
ユウ「トトが俺についてきたことを後悔してないといいけどな……。……ん?足音?」
ラーテル「よう!まだ懲りずに癒術士見習いなんてやってるのかよ?」
ユウ「お前は……!……誰だっけ?」
ラーテル「ラ、ラーテリュだ!いや、違う!ラーテルだ!前に俺と勝負して負けたのを忘れたにょかよ?」
ユウ「あっ、ラーテルな!噛まずに登場したから、わからなかったよ。」
ラーテル「俺のアイデンティティはそれだけなのか!??せ、せっかく練習したのに……。……ちっ、とことん気に食わないやつだぜ!」
トト「きゅう!」
ラーテル「そいつがお前みたいなやつをかばう理由が俺にはわからねえな。……よし、ユウ!」
ラーテル「そのモンスターのティンクルシードをかけて俺と勝負しろ!そいつもお前みたいなやつといるより、俺といたほうがいいに決まってりゅ!……る!」
メルク「こんな勝負、ダメなのですよ!」
ユウ「……。」
トト「きゅっ!?」
ラーテル「ユウに異論はないようだな!なら勝負しりょ!……しろ!」

第一部一章

タイトルとURLをコピーしました