第29話:召喚できない少年

ユウ「多分、この道をまっすぐ行くと、……ん?誰かいるな。」
アレク「アレクの名において命じる!ワイバーンよ、ボクの前に姿をあらわせ!」
ティンクルシード「……。」
アレク「……アレクの名においてお願いする!
ティンクルシード「……。」
アレク「……お願いします!出てきてください!」
ティンクルシード「……。」
アレク「……こんなに頼んでるのに出てきてくれないなんてひどいよ!見損なったよ!」
ティンクルシード「……。」
アレク「これ以上出てこないならボクにも考えがあるぞ!ボクに最後の手を使わせないことだな!」
ティンクルシード「……。」
アレク「……嘘です!あの、片足、片足だけでいいんで、出てきてくれませんか?あっ、今ならマッサージでもなんでもしますよ!」
ティンクルシード「……。」
アレク「もう、本当にお願いします。出てきてください、ボクを哀れに思う心があるなら。」
メルク「な、なんだか哀れに思えてきたのですよ……。」
フィーリア「……。」
メルク「って、私はモンスターじゃないのですよ!?あのティンクルシードで召喚されたりしないのですよ!?」
アレク「どうしよう……。村のみんなにワイバーンを召喚してくるって大見得を切っちゃったし……。」
アレク「……!」
トムソン「プルルルル!」
メルク「あれ?召喚できたのです?」
ユウ「いや、どうにも招かざる客みたいだぞ?」
アレク「にぎゃあああああああ!」

第一部一章

タイトルとURLをコピーしました