第12話:ラーテルの強さ

メルク「よーし、このままガンガン癒すぜ!なのですよ!」
ユウ「いや待て!?よく考えよう!?ボスの手下ですらなんとか癒せたレベルなのに、ガンガン行けるか!」
ユウ「ここは命を大事にだろ!な?お前もそう思うよな?」
トト「きゅっ!きゅきゅっ!」
ユウ「シャドーボクシングしてやる気満々でいらっしゃる!」
ラーテル「お前ら、まだここにいたのかよ?なっさけねえなあ!俺が癒すからお前はそこで応援でもしてりょよ?……してろよ!」
ユウ「応援なら俺の得意分野だな!」
メルク「そんな自慢気に!?ユウさんも援護くらいするのですよ!」

第一部一章

タイトルとURLをコピーしました